PUBLISHERS

特集『パブリッシャーズ』本をつくる理由

PUBLISHERS 06 佐久間裕美子 「なぜあえてZINE(Sakumag Zine VOL.1)をつくるのか」

「商業出版のヒット作を持つ著者が、なぜあえてZINEをつくるのか」NY在住ライター佐久間裕美子さんに聞いた。.. ぼくたちオーディナリーも出店した本好きのためのマーケット「TORANOMON BOOK PARADISE」…

その他の PUBLISHERSはこちら

TOOLS

自由に生きるための道具

その他の TOOLS はこちら

REGULAR

レギュラー連載

継続のリテラシー【第5話】 諦めたらそこで試合終了か? / 若杉アキラ

書店で初めて自分の本を見つけたときの感激は、絶対に忘れません。『メモの魔力』や『バカとつき合うな』など、自分も読んだことのある本たちと一緒に平積みにされてました。まさかの光景ですよね。文章を書き始めて2年半。何度も書くこ…

継続のリテラシー【第4話】 「何をするか」より「誰とするか」 / 若杉アキラ

だから、本を書くことで「どんな人と関わっていきたいか」「自分は誰を救いたいか」を徹底的に考えました。その結果、私が救いたい人は過去の自分。過去の自分のように「いつも時間に追われ、やりたいことができない」と、もがいている同…

その他の 連載 はこちら

ESSAY BY JIRO

深井次郎エッセイ 『自由へのシナリオ』

その他の 深井次郎エッセイ はこちら

PEOPLE

オーディナリーな人たち

PEOPLE 10 ナシエ(イラストレーター /『北欧が好き!』著者)

北欧本を出版したナシエさんにお聞きしました。表現したい、フリーランスで生きていきたい。そんな読者さんへヒントになることでしょう。大切なのは始めることだけ。発表する場所がなければ、路上だっていい。自分が主人公のロールプレイ…

その他の PEOPLE はこちら

ORDINARY Editor's Blog

ORDINARY編集部より

ごはんとくらしの出版社 アノニマ・スタジオさんにお邪魔しました

オーディナリー編集部は、ユニークな書き手が相性の良い出版社と出会い、世に出るお手伝いをしています。 出版社ごとに個性があり、求める作家像も違います。 今回は、食にまつわる本をよく買う読者であれば、本棚にきっとあるであろう…

JIL SANDER タングルバック

さあ、オーディナリーの書き手たちが秘密基地に集まり何が始まるのか。先日、個展を終えたばかりのたなか鮎子さんを囲んで、労をねぎらうごはん会です。ベルリン在住でヨーロッパを拠点に活動している鮎子さんには「久しぶりに日本っぽい…

【盛況のうちに終了】たなか鮎子展「ささやく町 – A Whispering Town」@東京青山

ヨーロッパは人々がそれぞれ哲学を持って暮らしているのがとても素敵だと感じます。ものの選び方、照明の使い方、家族との夜の過ごし方。日常生活の中に、その人なりの小さな哲学が、あちこち息づいているように思うのです。そんな暮らし…

Pearl Maplefiberglass Shell 14×6.5"